農家にもたらす経済的メリット

バイオ燃料の魅力は、石油に依存しないエネルギーなため、世界的な価格動向に左右されない面やCO2削減にも貢献できて環境に優しい面があることです。そのため、枯渇資源であると言われている石油に代わる燃料として期待されています。

そのバイオ燃料の製造は、大豆やとうもろこし、さとうきびなどの穀物類からエタノール燃料を生成していきますが、大豆やとうもろこし、さとうきびなどの生産には農家が欠かす事が出来ません。そのため生産者の存在なくして、バイオ燃料が製造されないことで、無くてはならない存在として生産者の価値が向上する側面もあります。

日本においては、農業分野は向かい風で減反政策や農協問題、また補助金の削減、農家の担い手がいないなどの後継者の問題も様々と起こっています。こうした食糧供給だけでなく、社会インフラに貢献する農業のあり方が生まれると農業の発展にも寄与する可能性もあります。

また農業面からも経済に与える影響も大きくなり、その活性化も促すことで新たなビジネスが産まれるきっかけにもなります。その他にも土地の有効活用や不毛の地の開拓なども進み、農業が今よりも行ないやすい環境にもなります。

このように農家が安心して農業を行なえる環境も整えば、地域活性化や発展にも繋がっていきます。

 

コメントは受け付けていません。