経済面について

 

自動車や航空機の原動力としては、主に現在は石油燃料に依存していますが、バイオ燃料は生物体のエネルギーを利用した燃料として環境にも優しく、枯渇する資源でもある石油の代用も可能ということで注目されています。そのエネルギー源としては、とうもろこしやサトウキビなどの穀物を発酵させることでエタノールを作り出し、それを自動車などの乗り物に使用するというバイオ燃料が一般的によく知られています。

ただ穀物を活用する場合、その食用との競合も指摘され、それが穀物の価格を値上げさせてしまうという経済面でのデメリットの指摘があるのも事実です。しかし廃棄穀物に限れば幅広い穀物を活用することが可能でコストが抑制され、しかもダイオキシンの原因物質である硫黄酸化物や窒素酸化物の排出がないこと、植物燃料はCO2を造り出さずその排出削減に貢献するなどのメリットの指摘もあります。

現在はバイオエタノール精製の研究も世界各国で行なわれており、進展すれば将来的にも化学燃料である石油燃料に確実に置き換わることが想定されています。最近の話題としては、世界の池や湖などに生息して自ら油を生成する「ボツリオコッカス・ブラウニー」という藻の一種が存在し、それをバイオ燃料として活用する研究も盛んに行なわれています。

バイオ燃料の特徴は、周囲の温度が上昇すると酸化して使い物にならなくなり、それを解決するためにはコストがかかるという課題もありますが、コスト面の問題をクリアすれば間違いなく浸透する可能性も高いです。

 

コメントは受け付けていません。