環境面について

 

車の出す排気ガスが大気汚染の大きな要因になっています。しかし最近で環境面のことも考えた車が開発されているのです。
その代表がハイブリッド車になります。こちらは電気とガソリンと両方を使うために従来よりもガソリンの消費量も少なく排気ガスも少なくなるのです。またその上を行く完全な電気自動車もあります。
さらに最近注目されているのはバイオ燃料です。
これはサボテンやトウモロコシなどの植物を元に作られている燃料なのですが、これらの植物を発行させエタノールを発生させて燃料にするというものです。
現在のところガソリンの主な原料は石油なのですが、これはいずれは枯渇してしまいます。石油に代わる原料としてバイオ燃料が今注目されているのです。
単に石油の代わりになるだけでなく大気汚染のリスクも少ないのがいいところです。
ただこの燃料にはまだ問題があります。
作るのにもコストがかかる点です、今のところはガソリンよりも高くつきますので普及させるためにはコストダウンする方法を考えなければいけません。
ただ研究は進んでいますので今後はコスト面での問題も解決される可能性もあります。
燃料の原料となる植物の巨大プラントが今後できる可能性もあるのです。

 

コメントは受け付けていません。