CO2排出量から見る環境への影響

 

地球温暖化が世界的な問題になっている中で、その原因の一つとして考えられている二酸化炭素(CO2)削減が急務となっています。そのためには、一人ひとりの環境に対する意識が大切になってきますが、様々な技術改革によっても二酸化炭素の削減に大きく貢献しているものもたくさんあります。

たとえば、自動車のエンジンです。ガソリンを燃料に使った燃焼エンジンは、大量の二酸化炭素を排出します。そのため少しでも二酸化炭素の排出を軽減させるために、ハイブリッドカーのような燃費の良いクルマが人気です。さらに、最近ではガソリンではなく水素を燃料としてCO2を排出しないで走ることができる水素カーも登場し注目されています。

また、化石燃料から作られるガソリンではなく、植物などから作るバイオマス燃料を使ってエンジンを燃焼させて二酸化炭素排出を削減するという考え方も出てきています。これはカーボンニュートラルという考えが元になっています。カーボンニュートラルとは、植物は二酸化炭素を吸収して育つため、それを燃やして二酸化炭素が排出されたとしても、もともと大気中にあった二酸化炭素の総量は変わらないという考え方のことです。このような様々な技術改革によって、地球に優しいクルマが次々に登場しているわけですね。

 

コメントは受け付けていません。