バイオ燃料がもたらすメリット

 

バイオ燃料とは、植物が持っているエネルギーを使って作られた燃料やガスのことで、石油や石炭のような作り出すことの出来ない資源と違い、枯渇しない資源として注目されています。現在は主に、ガソリンへの混合利用を目的としたバイオエタノールと、代替燃料としてのバイオディーゼル燃料の2種類があります。大きなメリットとしては、燃料が燃える際に、植物が光合成で取り込んだ二酸化炭素を排出するので、大気中の二酸化炭素の総量が変わらないと言われている点です。そのため、世界各国で温室効果ガスの排出削減の手段として導入が進められています。また、原料となる作物が大量に必要となり、原料の生産農家にとっては農作物の新たな需要が生まれ、取引の拡大や価格の上昇が見込めるため、農業の振興としても期待されています。さらに、農業振興を図るため導入を進めている国々では、自国で生産される作物を使って燃料を作ることで、産油国からの石油の輸入を減らし、自国のエネルギー自給率を上昇させる助けにもなり、まさに一石二鳥と言えます。しかし、燃料に使用される作物の生産に転換する農家が増えることで、燃料に不向きな作物の生産が減り、価格の高騰や不足などの問題が起こるのではという懸念もされています。

 

コメントは受け付けていません。