代替燃料の未来への可能性

アイススケート01

今販売されている自動車の多くはガソリンを燃料として走るものが多いです。しかし日本はガソリンの産出ができないため必要な量を輸入しています。そのため、輸入ができなくなった場合に日本はとても大きなダメージを受けてしまいます。また、ガソリンを燃焼することで自動車の動く力に変えています。そのガソリンの燃焼の際にCO2が自動車から排泄されます。以前に比べ自動車一台一台からのCO2の排出される量は少なくなったのですが、CO2の排出を避けることができません。CO2は地球温暖化の原因ともされているため、環境問題解決には必要不可欠です。このような問題を一度に解決に導いてくれる可能性を秘めた燃料が水素燃料です。水素燃料はガソリンの代替燃料として今最も注目を集めています。水素は酸素と化合する際にエネルギーと水を産み出します。そのため、環境問題に関係する物質を排出せずにエネルギーを産み出すのでクリーンエネルギーとも呼ばれています。また、水素は水から生産可能です。そのため、日本においても自国で生産が可能というのも特徴の一つです。しかし、水素燃料はまだ高価で水素ステーションの設置も高額なため普及に対する課題も山積みです。しかし、大きな可能性を秘めていることには違いありません。この可能性に対して自動車メーカーだけでなく様々な企業が努力をしています。